耐火物誌:「Al2O3-Al4SiC4-C 材質の緻密化組織の解析」関する技術報告が掲載

2018.03.28

耐火物誌:「Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>-Al<sub>4</sub>SiC<sub>4</sub>-C 材質の緻密化組織の解析」関する技術報告が掲載

掲載内容

一般財団法人岡山セラミックス技術振興財団(以下OCRF) による、「Al2O3-Al4SiC4-C材質の緻密化組織の解析」が、耐火物誌(発行:耐火物技術協会)に掲載(1)されました。
複合炭化物Al4SiC4は興味深い特徴をもつことから、新たな機能性材料として高温材料、耐火物原料等の分野において注目されており、各種の材料・用途への応用展開が期待されています。
Al4SiC4は2037℃と高融点で耐水和性に優れており耐火物原料として有望であるとされています。

複合炭化物Al<sub>4</sub>SiC<sub>4</sub>は興味深い特徴をもつことから、新たな機能性材料として高温材料、耐火物原料等の分野において注目されており、各種の材料・用途への応用展開が期待されています。

本研究では、マトリックス部の大部分がAl4SiC4粉末と鱗片状黒鉛とから構成されるAl2O3-Al4SiC4-C材質の試料を作成し、実炉での使用条件を想定した焼成により緻密化した焼結サンプルの分光分析、電子顕微鏡観察から緻密化組織の解析と考察がなされています。

Al4SiC4を用いて緻密化したAl2O3-Al4SiC4-C材質は、高温で自らの内部反応によって緻密化し、このとき、これまでにない新規な微細構造が形成されることが明らかにされました。
さらに、関与する中間相の生成は熱力学的考察から矛盾なく理解できることを示されています。
従来、Al4SiC4は量産化技術が確立されておりませんでしたが、OCRFとタテホ化学工業は共同研究の成果として量産化に目処をつけ、2017年12月に「REFTAT®AC-1」を 上市致しました。

(1)星山泰宏, 高長茂幸. 耐火物, 70 [1] 10-17 (2018).

関連商品

炭化アルミニウムケイ素(Al<sub>4</sub>SiC<sub>4</sub>) REFTAT®

REFTAT®

形状:粉体

タテホ化学の炭化アルミニウムケイ素(Al4SiC4)REFTAT®は、融点が2037℃と高く、広い温度域で安定であり、耐水和性にも優れた材料です。

詳しくはこちら

無料商品資料ダウンロード

商品資料をこちらからダウンロードできます。

ダウンロードはこちら >

商品に関するお問い合わせ

見積もり、サンプル、評価ご検討の方はこちらから

お問い合わせはこちら >

関連商品

アルミニウムケイ素炭化物「REFTAT®️」のパウダー

REFTAT®

  • アルミニウムケイ素炭化物