環境方針 環境方針

ENVIRONMENT
環境方針

ポリシー

タテホでは、環境マネジメントシステムISO14001を2002年に取得し、企業活動における環境負荷を削減させるために環境保全に取り組んでいます。
地球温暖化防止の中長期目標として、エネルギー原単位を年平均1%以上低減する活動を行なっています。
また、産業廃棄物の削減においては、総排出量の99%以上を再資源化する活動を行なっています。

タテホグループの環境方針

環境方針

基本理念
タテホ化学工業グループは、環境を経営の最重要課題のひとつと位置付け、継続的改善により、事業活動のあらゆる面で負となる環境影響の低減に取り組み、地球環境に配慮した製品の提供に努め、環境保全及び汚染の予防を推進し、人と自然が調和できる社会の実現に貢献する。

基本方針
当グループは、マグネシウム化合物及び関連製品の研究開発・製造・販売等の一貫した事業活動において、製品の製造から廃棄までの環境負荷が最小限になるように、環境汚染の予防、地球温暖化対策(気候変動の緩和策と適応策)、資源の有効利用、及び化学物質による人や環境への影響を減らすことに取り組む。
また、社員一人ひとりの活動が地域及び地球規模の環境問題と深くかかわりがあることを認識し、業務に融合した環境活動を社内外で実施する。

1.環境に関する情報開示に努め、ステークホルダーとの積極的なコミュニケーションを通して環境、安全、品質に考慮した製品を開発及び提供することで、より良い地球環境の実現を目指す。
2.環境方針と実施計画及び成果を社員一人ひとりに周知し、それぞれの立場で環境問題を考え「環境クオリティ」の向上に努める。また一般にも広く公開する。
3.地域社会、その他関連団体等の活動・行事への参加・支援を通して社会貢献の輪を広げる。
4.環境関連の法規制並びに協定書の順守、更には自主的な取り組みにより、環境負荷の継続的改善に努める。
5.環境方針達成のため、目的・目標を設定して実行するとともに定期的な見直しを行う。

コミット

経営者コミットメント

タテホは瀬戸内海に面した播州赤穂の地にて、1966年に操業し、50年目を迎えました。
私たちの製品である酸化マグネシウム、水酸化マグネシウム、セラミックス製品等は、国内外で長くご愛顧をいただいています。

私たちは海水から食塩を分離した後に採れる苦汁(にがり)の活用を図り、結晶に注目して独自技術を開発し、更にその成果が社会に貢献できるよう、日々研鑽に励む開発型企業です。
製品製造は安心・安全な品質を届けることが大切であるという思いのもと、いつも安定供給できる体制を着実に進めていきます。

お客様の求める新たな製品を提供できるように、創業時の熱意を思い起こし、明るく、夢を持ち、チャレンジ精神にあふれた全社員の英知を結集、より多くのオンリーワン技術の花を咲かせ、業界No.1を目指して、我が社の製品をグローバル展開してまいります。
また、社会との繋がり「絆」を大切に、地域に根ざした会社であり続けます。

タテホ化学工業株式会社 代表取締役社長

北野 泰典

ISO-14001

ISO14001認証取得

ISO14001
ISO14001

タテホ化学工業株式会社
(Tateho Chemical Industries Co.,Ltd.)
ISO14001:2004=JISQ14001:2004
Certificate No.:00441-2002-AE-KOB-RvA
Initial Certification date:March 7, 2002
This certificate is valid for the following product or service ranges:
Tateho Chemical Industries Co.,Ltd.:Design, Development and Manufacture of Electro Fused Magnesia, Electro Fused Zirconia, Electro Fused Calsia, and Magnesia and MagnesiumHydroxide.
Tateho Ceramic Co.,Ltd.:Manufacture of ceramic moulding products.
※認証対象:本社・有年・響灘工場 及び タテホセラミック㈱