沿革 沿革

HISTORY
沿革

沿革

沿革

1948年(昭和23年)04月 赤穂西浜塩業組合化成部として発足
1966年(昭和41年)08月 タテホ化学工業株式会社創立
1984年(昭和59年)09月 大阪証券取引所市場第一部に上場
1988年(昭和63年)04月 大同酸素株式会社[現 エア・ウォーター株式会社]と業務提携
1989年(平成元年)08月 タテホセラミック株式会社を設立
1995年(平成07年)04月 ISO9002(現ISO9001)の認証取得
2001年(平成13年)07月 大連泰豪化学有限公司(中国)を設立
2002年(平成14年)05月 ISO14001の認証取得
2006年(平成18年)02月 エア・ウォーター㈱との株式交換により同社の完全子会社となる。
(完全子会社化により平成18年1月26日付で大阪証券取引所第一部上場廃止)
2013年(平成25年)11月 響灘工場(北九州市)を開設
2015年(平成27年)08月 Tateho Ozark Technical Ceramics,Inc.(米国)を設立
アイデンティティ

社名由来

赤穂城の周辺には、立秋の頃になると緋色の蓼(たで)が咲き乱れます。
その赤い穂にちなんで、赤穂(あこう)という地名が生まれました。あかあかと野に燃える蓼の穂、それがタテホという名の由来です。

社名由来

ハウスマークについて

ハウスマークの波状の曲線は、タテホの商品発祥の海を表すと同時に、そのなだらかな弧は時代と社会、自然への調和と変化を意味しています。
一方、直線的な正方形は、タテホを代表する高純度、単結晶と鋭い技術開発力を表しています。

また深い青色のタテホカラーは赤穂の​海を象徴し、​海の恵みから生まれた技術のタテホをシンボライズしています。

ハウスマーク
創立50周年

50th Anniversary

創立50周年記念

タテホはみなさまのおかげで、2016年に創立50周年を迎えました。
桜の木を植樹し、50年後にこの桜の木とともに、さらに大きな会社に成長することを祈念しました。